« 瀧口修造:夢の漂流物 | Main | Chrome Green »

栗原ミチオ

栗原ミチオ「Sunset Notes」ソロCD発売記念ライヴを観に吉祥寺のMANDA-LA2に行った。栗原ミチオはGhost、The Starsなどのバンドのギタリスト。Damon & Naomiのサポートでも知られている。ソロアルバムのリリースははじめて。アルバムは3月中に購入し、最近は毎日聴いている。最初聞いたときは思いのほか爽やかな感じがしてちょっと意外だったのだけれど、聴いているうちにだんだん良くなってきた。

今日のライヴのバックのメンバーは中村宗一郎(ギター)、寺西千秋(キーボード)、亀川千代(ベース)、柴田一郎(ドラム)。寺西千秋だけはアルバムのクレジットに見当たらない。メンバーがステージに揃うと、栗原ミチオ、中村宗一郎、亀川千代の弦楽器奏者3人が全員SGのギター/ベースなのがなんだかおもしろい。

ライヴはアルバムの曲順と同じく、一曲目が「夕暮れのジャイロ」ではじまった。アルバムのアレンジに忠実だけれど、やはりライヴで聴くほうがダイナミック。次の「夢見るモグラ」はアルバムにはないキーボードのイントロからはじまった。その後も随所にアルバム未収録曲をおりまぜつつも、それ以外はアルバムの曲順どおりに演奏していった。「北北西の風・風力3のワルツ」の前にゲストヴォーカルの朝生愛を紹介(栗原ミチオがステージでMCをしているところを観るのははじめてだ)。栗原ミチオは指弾きで慎重に和音を奏でる。あくまでヴォーカルを生かすバッキングのような演奏。次も朝生愛のヴォーカルで「Orange Hour Circle」。この曲がソロ・アルバムに入っていないのは残念なのだけれど、さすがに去年リリースされたThe Starsの現在のところの最新アルバム "will" の収録曲だからはずしたのかもしれない。朝生愛も自身のライヴでこの曲を唄っていたから、そのときとそんなに変わらない雰囲気。身をつまされるような繊細なギターの音色が心に沁みる。すごく大好きな曲。

そして「次の曲は G線上のペンデュラム~最後のヒグラシ。ちょっと長いです。」というMC。栗原ミチオはこのときだけGibsonのSGではなくてGrecoのカスタムのSGを使用。静かにつまびくギターからはじまり、中盤ではE-Bowで持続する音が次々と表情を変えていく栗原ミチオのおなじみのスタイル。そのままメドレーで「ヒグラシのカノン」へ続く。アルバムでは「 G線上のペンデュラム~最後のヒグラシ」の余韻といった感じのおとなしいトラックだけれど、どんどんドラマチックに盛り上がっていった。再びGibsonのSGに持ち換えた次の「ロシアン・カウボーイ」では栗原ミチオのギターが炸裂。しばらく耽美的な曲が続いたあとの火を噴くかのような激しい演奏に圧倒された。

それから石原洋のゲストヴォーカルで2曲。最初はWhite Heavenの「OUT THERE」。The Starsでも演奏されたことがある曲だけれど、それよりも石原洋がリラックスして唄っていた感じがする。ちょっとけだるい雰囲気。そして次は一転してアップテンポで明るいはじけた演奏。なんとフィル・マンザネラの「BIG DAY」のカヴァー。これは意外だった。栗原ミチオとフィル・マンザネラ、あまりイメージが結びつかないけれど、もちろん栗原ミチオが選曲したのだろう。ソロアルバムをつくるにあたって、フィル・マンザネラを多少なりとも意識したのだとしたら、わたしが最初に聴いたときに思った爽やかな印象というのも合点がいく気がする。もちろん爽やかなんて言葉で片付けられるような単純なものではないのだけれども。フィル・マンザネラのアルバムがそうであるように、きっちりプロデュースされた、ある意味お行儀のいいアルバムだという印象は少なくともある。醒めた言いかたをすればそうなるけれど、でもわたしはフィル・マンザネラの大ファンなのだ。ソロアルバムもロキシー・ミュージックのアルバムもクワイエット・サンのアルバムもひととおり持っている。なので、このカヴァーはとても嬉しかった。

その次はまた朝生愛のヴォーカルで「風の12方位」。女性ヴォーカルだとやはりThe Starsとは全然違う優しい雰囲気。でも途中のギターソロはすさまじかった。

それから律儀に「敬称は略させていただきます。」と前置きしてバックのメンバーの紹介。アルバムどおりの曲順で残りはあと2曲。「老人と空」はアルペジオと和音を複雑に組み合わせた繊細な指弾きで美しい旋律ではじまり中盤はE-bowを使った演奏。最後の「勇気のカケラ」は激しく盛り上がって、最後は音の洪水のようだった。アルバムみたいにプツっと終わることはなく、いつまでも余韻を残して漂っていた。

それからいったん退場したメンバーがアンコールに応えて再び登場。今回のライヴ用の特別編成のため曲がないとのこと。「一曲目をもう一回やってもいいですか?」というMC。もちろん悪いなんてことあるわけなくて拍手が沸きおこる。栗原ミチオが「本当にいいですか?」と嬉しそう。本編の途中でもまさかこんなに話すとはと思うぐらいMCをしていたけれど、終始穏やかで丁寧な物腰だった(丁寧すぎて客に受けていたりも)。そして「夕暮れのジャイロ」をもう1回。最初に演奏したときよりも激しい調子で、最後思い残すことがないように、という感じの気迫が伝わってきた。

これでライヴ終了。大部分The Starsのメンバーとはいえ、今回の編成のライヴは今後そうそう観られるものではないだろう。まさに栗原ミチオのギターを浴びたという感触、そしてバックのメンバーの演奏も良くて、本当に一生もののすばらしいライヴだった。

|

« 瀧口修造:夢の漂流物 | Main | Chrome Green »

Comments

Do yyou have any video of that? I'd like to find out some additional information.

Posted by: pico projecteur | November 07, 2013 06:23 PM

When some one searches for his necessary thing, thus he/she desires to be available that in detail, thus that thing is maintained over here.

Posted by: Tyrell | November 08, 2013 04:23 PM

Excellent pieces. Keep posting such kind of information on your page. Im really impressed by your blog. Hey there, You have done a fantastic job. I will definitely digg it and for my part suggest to my friends. I'm confident they'll be benefitd from this weeb site.

Posted by: Flynn | February 04, 2014 02:15 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 栗原ミチオ:

« 瀧口修造:夢の漂流物 | Main | Chrome Green »