« dive | Main | JOJO広重+西村卓也 »

HEATWAVE

HEATWAVEのライヴを観に渋谷AXに行った。3年ぐらい前のフジ・ロック・フェスティバルでソウル・フラワー・ユニオンのライヴを観たときにゲストでHEATWAVEの山口洋が出演していたのだが、それがかなりカッコ良かった。そんなこともあってHEATWAVEのライヴも一度観てみたいと思っていたのだけれど、今回たまたま友人の北橋さんに誘ってもらって観に行くことになった。それで最新アルバムも聴かせてもらったのだけれど、そうしたらイメージとはだいぶ違う、いかにもJ-POPなゴテゴテしたサウンド。もっとシンプルなロックンロールバンドだと思っていたので意外だった。

会場の入り口でもらったチラシはやけに元ルースターズ関係の人のが多い。と思ったらドラムが池畑潤二なのだそうだ。メンバーは山口洋のギター/ヴォーカルのほかに、ベース、ドラム、キーボードの4人組。なんとなく3人組のイメージがあったのだけれど、つまり最新アルバムから今の4人組になり、音数が多い豪華なサウンドになったらしい。

ライヴがはじまってみると、ダンサブルな曲もあれば渋い曲もあるといった具合。山口洋はアコースティック・ギターを弾くことが多く、キーボードの人がきめ細かなアレンジで活躍していた。キーボードの人は要塞のように大量の機材に囲まれていた。なにしろ正面に置いているエレピらしき鍵盤の上にLine6のディレイ、ワーミーペダルとあともう1つエフェクターを置いているところからして、相当音をいじり倒すのが好きな人であろうことは見てとることができる。横や後ろにもシンセサイザーやらラップトップPCやら機材がびっしり。特に後ろに置いてある大きな木製(?)のキャビネットが気になるけど何なのかよくわからない。ベースの人も曲によってはフレットレス・ベースにカポをつけていたり、かなりエグい音を出している。そして池畑潤二のドラムは破壊的なほどのすさまじさ。

もちろん山口洋もこの濃いメンバーに負けていない。エレアコや、1曲だけ使っていたテレキャスのときはエフェクターを駆使して音をループさせたりもしていた。ただでさえキーボードの人の活躍で音数が多いのに、もうどの音がどこから出ているのかわからなくなってしまうような。でもアコースティック・ギターでは繊細に聴かせる演奏もあり、間奏でハープを吹く曲もあり。また、間奏でえんえんと激しくティンパレスを叩く場面も。何をやっても器用で巧みにばっちり決まっている。唄は、技巧的ではないけれど声そのものの迫力がすごい。全体的にリヴァーブがかった音が多く、音もよく反響する広い会場だったから、個々の演奏内容がどうこうというよりは音全体がかたまりになって体に響いてくるような感じだった。それはそれでいいのだけれど、個人的には山口洋のギターの上手さを堪能したいと思っていたので、どちらかというと音数が少なめの曲のほうが楽しめた。

特に時計は見ていなかったけれど、本編は1時間半ぐらい? 一度ステージを去ってから1回目のアンコールまではけっこう間があった。そして出てきて「ドラム池畑潤二」と叫ぶやいなや演奏したのがルースターズの「テキーラ」。それまで演奏してきたどの曲よりもストレートなロックンロール。客も「テキーラ」って一緒になって叫んでいる人がたくさんいる。

そして2回目のアンコールの1曲目は、わたしにとってはソウル・フラワー・ユニオンの演奏でおなじみの「満月の夕べ」。この曲を聴くことができたのはとても嬉しかった。2回目のアンコールはあともう1曲。客電もすぐ灯いたので会場を出ると、物販のところにセットリストが出ている。ホワイトボードに曲名が書かれた磁石の板(?)が貼られているようなものだったので、きっとスタッフの人が演奏を聴きながらリアルタイムで貼っていったのだろう。これはおもしろい。テキーラのところだけ曲名の板が手書きだった。アルバムが出たタイミングからはずいぶん経っていることもあり、最新アルバムの曲はせいぜい3曲くらい。

北橋さんとセットリストを見ながら、「なんかまだ中のほうやけに盛り上がってるね」と話していたら、演奏が聞こえてきた。なんと3回目のアンコール。慌てて場内に戻って後ろのほうで観る。さっさと帰ってしまわなくて良かった。一番最後は客の盛り上がりも相当なものだった。そんな激しいノリではないのだけれど、熱い声援が飛び交ったりもしていた。決して客層は若くないし、ライヴの最初のうちは軽く体を揺する程度のノリでおとなしく聞いている人がほとんどだった。

初めてのHEATWAVE、イメージしていたのとはだいぶ違っていたけれど、実力もあり個性的なメンバーの演奏は非常に見応えがあった。欲を言えばもう少し各楽器の音をきっちりと聴きたかったのだけれど。終演後は北橋さんと飲み屋へ。北橋さんはHEATWAVEのライヴは3回目なのだそうだけれど、最新アルバムのレコ発のときはアルバムの曲順通りに演奏したのだそうだ。今回のライヴは新旧とりまぜていろいろ演奏していたし、「満月の夕べ」をやったということもあって、初めて観るわたしにとってもかなりいい選曲だったみたい。

|

« dive | Main | JOJO広重+西村卓也 »

Comments

はじめまして、hakata-rock.net編集部と申します。
このたび12/10にZepp Fukuokaにて『博多のロックに体当たり!』というイベントを開催します!
ロックシティ博多を生んだ偉大なミュージシャン達の宴となるこのイベント、出演はSHEENA&THE ROKKETS、柴山俊之、THE HUNDREDS、HEATWAVE、ROCK'N'ROLL GYPSIES、山善BANDほか、司会は深町健二郎です。
料金は、前売¥6,000です。よろしくお願いします(^^)

Posted by: hakata-rock.net編集部 | November 12, 2006 10:29 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HEATWAVE:

« dive | Main | JOJO広重+西村卓也 »