« シカラムータ / 躁鬱の宴 | Main | キセル楽団 / 我々 »

パスカルズ

以前から観たいと思っていたパスカルズが吉祥寺音楽祭に出演するので、夕方から吉祥寺に出かけた。パスカルズが出演するのは北口ロータリー野外特設ステージ(吉音スーパーステージ)。30分ずついろいろな人が出演する(入場無料)。たどりついたときに演奏していたのは須藤もんという女性シンガー・ソングライター。最後の1曲、「めし」という曲だけ聴くことができた。

次に出演したのが中川イサト。フォーク世代のミュージシャンともゆかりが深い大御所のギタリストだという知識はあったが、アルバムも持っていないしライヴを観るのもはじめてである。テクニックもさることながら、リヴァーブがかったアコースティック・ギターのサウンドが美しく、澄みわたる空気のように気持ち良い。ところどころ入るハーモニクスのサウンドがアクセントになってメリハリのある演奏。MCによると、最初に演奏した曲は3曲違うタイトルのついた組曲をメドレーにしたもの。これはわりとアコースティック・ギターの演奏としてはオーソドックスな感じだったけれど、2曲目では指板の上側から押さえるなどややトリッキーな奏法も見せ、最後の3曲目ではギターのボディを叩く音を交えたアグレッシヴな演奏だった(MCではそれでギターを壊してしまったこともあると語っていた)。演奏後、進行役ののろ(吉祥寺の時折ライヴもおこなわれる居酒屋)の店主と先日亡くなった高田渡の話など。

次は三宅伸治。全然知らない人なのだけれど、ギター/ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムのバンド編成でプロらしい観せかたを心得たロックンロール・バンド。停電してドラムの音しか聴こえなくなるハプニングが2度ほどあったけれど、動じることのない堂々としたパフォーマンスで聴衆を盛り上げていた。最後のほうでスタッフの人の肩車で客席内を一周。エレキ・ギターのケーブルがすごい長くてびっくり。

そしてお待ちかねのパスカルズ。リーダーのロケット松が鍵盤ハーモニカとマンドリン(?)、そのほかにトイピアノ、ウクレレ、ギター、バンジョー、アコーディオン、トランペット、チェロx2、ヴァイオリンx4、パーカッション、ドラムという大所帯。セッティングが大変そう。演奏前、ステージ上でパーカッションの石川浩司が着替えはじめたのには笑った。音量バランスは曲を演奏しながら調整していく状態。曲を演奏するごとにPAに対して要望が出され、ライヴの終盤に向けて各楽器のバランスがだんだん良くなっていった。トイピアノのあかね、ウクレレの知久寿焼がヴォーカルをとる曲、チェロの坂本弘道がミュージカル・ソウを演奏する曲、ヴァイオリンの4人がリコーダーを吹く曲など見所はいろいろ。石川浩司は東急ハンズのパーティ用品売り場に売っていそうな派手な色のかつらをかぶったり、空気が抜けるときに音の出る風船をふくらませてプーっと鳴らしたり、たま時代のキャラそのままで楽しませてくれた。一番良かったのはアンコールでやった「どですかでん」。武満徹が作曲した、黒澤明の映画「どですかでん」の曲のカヴァー。最新アルバムのタイトル曲だ。

パスカルズのあと、進行役ののろの店主のアナウンスがあり、先月亡くなった高田渡を追悼してゆかりのある人たちがステージにあがって「わたしはわたしよ」を演奏。高田渡のライヴは一度観たことがある(なんとわたしより7-8歳ぐらい若い友達に誘ってもらって観に行った)。そのライヴには、今ではソロアルバムを3枚発表している息子さん(高田漣)も参加していた。客席内のわたしのすぐ近くに高田渡の奥さんもいらっしゃって、最後にのろの店主(のろには常連の人たちと何度も飲みに行っているのにお名前がわからなくて申し訳ない)がこちらを指差して紹介されていた。同年代のフォーク歌手で活躍している人はまだたくさんいるのに、突然お亡くなりになってしまって本当に残念だ。

|

« シカラムータ / 躁鬱の宴 | Main | キセル楽団 / 我々 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パスカルズ:

« シカラムータ / 躁鬱の宴 | Main | キセル楽団 / 我々 »