« g-p.s.(楽園をみつめて、そして・・・) | Main | シカラムータ / 躁鬱の宴 »

Synapse

Synapseのライヴを観に吉祥寺MANDA-LA2に行った。同名のバンドが他にもあるけれど、これは藤木弘史さん(ピアノ)とpop鈴木さん(ドラム)のデュオ。藤木さんは以前、わたしが出演している山田勇男さんの映画『ロング・グットバイ』で音楽を担当している。エンド・クレジットに出てくるのは今井雅幸さんのみだけれど、演奏しているのは今井さん(マンドリン)、藤木さん(アコーディオン)、勝井祐二さん(ヴァイオリン)の3人(なんと超豪華メンバー!)。

Synapseのライヴは去年の7月にもMANDA-LA2で観ているが、そのときはチェロの坂本弘道がゲストで参加していた。今日は2人だけで演奏。1曲目はピアノ、ドラムとも激しく弾きまくる曲。pop鈴木さんはいろいろな種類のスティックを持ち替えながら演奏していたが、ブラシを使うときでも渾身の力をこめて思いっきり叩いている。スネアを布でミュートしていたけれど、音量的にはピアノに勝ってしまう。でも藤木さんもグランドピアノに向かって指を叩きつけるようにして、時には椅子から腰を浮かしてダイナミックに弾きまくる。このような2人の激しい演奏の応酬は今までに観たSynapseのイメージどおり。しかし2曲目以降は今までとはまた違った面も見せてくれた。なによりも新鮮だったのは藤木さんがヴォーカルをとる曲が数曲あったこと。今までSynapse以外にも藤木さんがやっているバンドは観たことがあるけれど、唄っているところを観たのははじめて。曲のなかで断片的に少し唄が入ってくるようなものもあれば、全編に渡って唄が入る曲もあった。そのうち2曲はやぎのカヴァー(「弥勒」ちなみに藤木さんは元やぎのメンバーでもある)とYMOのカヴァー。どちらか忘れてしまったけれど、1曲はpop鈴木さんとほぼツイン・ヴォーカル。藤木さんの唄は、ちょっと慣れていない感じはしたけれど、しっかり言葉が聞こえるように唄っていてとても真摯な感じがした。今回は唄が入ったことで今までとは違った印象のライヴだったけれど、とにかくピアノとドラムのデュオと聞いて想像するようなものとは全然違うのがSynapseの音楽。

Synapseも良かったけれど、今日はまた対バンがすばらしい。2番目はエコエコサイクルズ。かなり昔から割礼の対バンなどで観ているけれど、最近はヴォーカルの山田和男のやんちゃ度が増しているような気がして、観ていてなごんでしまう。唄い終わったときにちらっとピースサインとかするし。演奏も良くて、客席の反応もむちゃくちゃいい感じ。気がついたら立ち見のお客さんもたくさんいた。真ん中あたりでやったスローな曲「時間」はイントロで失敗してやりなおしていたけれど、山田和男のギターのシンコペーションの響きとヴォーカルがすーっと頭の中に入ってきて気持ちよかった。

そして最後にポエティックランドスケープが出演。これは元割礼の島雅彦がドラムのバンド。ライヴを観るのは3度目くらい。タイミングが悪くて意外と観ていない。ライヴ前半では、なんとなく前観たときよりもダークでひりひりするような感じの音になったような気がした。でも後半はバンド名そのもののようなちょっとフワっとした美しい感じになっていって、だんだん気持ちよくなっていった。後半のほうが今までに観たときのイメージに近い感じがする。しかし、それにしても今日の島雅彦のドラムは何かすさまじい気合を感じさせるドラムだった。手放しですごい良かったというのとはちょっと違って、心のどこかに引っかかってくるような演奏だった。

終演後、藤木さんと少しお話。今日のお客さんで、山田さんに自作の映画を観ていただいたことがあるという映写技師の方がいらっしゃったらしい。いろいろな人脈があるものだなぁと感心。Synapseがエコエコサイクルズとポエティックランドスケープと対バンというのも、いつも観たいライヴがいっぱいあって困っているわたしにとってはなんともすばらしい組み合わせで嬉しかった。

|

« g-p.s.(楽園をみつめて、そして・・・) | Main | シカラムータ / 躁鬱の宴 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Synapse:

« g-p.s.(楽園をみつめて、そして・・・) | Main | シカラムータ / 躁鬱の宴 »