« 長沢哲 Duo Ensemble with 三浦陽子 | Main | みみのこと »

新宿のHMVで友人の北橋さんと待ち合わせ。共通の友人である山下さんがドラムを叩いているバンド、殻のライヴを観に新宿のurgaに行った。7時開演の3バンド目ということで、いろいろ寄り道をして8時半ごろurgaに到着。まだ余裕があると思っていたが、すでに殻のセッティング中だった。

ドリンクを交換して前のほうへ。後ろのほうにやたら人が溜まっていたけれど、前のほうはすいていてステージがメンバーの足元までよく見える。こんなに前で殻を観るのははじめてだったのだけれど、機材の量がすごい。上手側のギターの人はマルチ・エフェクター、スイッチが10個以上、ペダルが2つついているLine 6のコントローラー、それにワーミー・ペダルなど単体のエフェクターも接続。アンプも持ち込みで、Line6のヘッドを2段重ねのスピーカーの上に乗せている。下手側のギターの人は単体のエフェクター多数、さらに脇にも何段も重ねたラックのエフェクター。ベースの人もコンパクトエフェクターを3-4つぐらいつないでいた。ドラムの山下さんのセットは、タム、バスドラは見たところ普通だけれど、スネア2つ、シンバルたくさん。

ヴォーカルの人は、他のメンバーのセッティングが終わった頃になっても手ぶらでステージにたたずんでいる。マイクスタンドはどこにあるのだろうと思っていたが、まもなく演奏がはじまると、床にじかに置いてあったマイクを拾い上げた。前に観たときは、マイクスタンドに小さいランプをつけて、下から光が当たるように演出していたのだけれど、この日はずっとハンドマイクでヴォーカルをとっていた。

演奏中もやたらにギター2人の機材が気になってしまう。特に上手側のギターの人は、狭いステージなのにものすごく長いケーブルを使っていて、何重にもとぐろを巻いている。特に動きまわるわけでもない。あまりに長いケーブルだと音質の劣化などもあるのではないかと思うのだけれど、電源もごついのを使っているし、そういうことには十分に気を使っていると思われる。うーむ、これもまぁ一つのこだわりというものなのだろうか?

機材のことや、ヴォーカルの人がいつもと違ってハンドマイクで唄っているのが気になって、いまいち演奏に集中できない。でも演奏自体はほとんどアラがなく、今までに観た殻のライヴのなかでもよい出来だったと思う。ただ、今回の選曲はわりと似たようなタイプの曲が多かったのが残念。

演奏終了後は次のバンドのセッティングのための入れ替えが大変そう。山下さんも機材が相当多いから、持ち込みのシンバル類はまず客席に移動。忙しそうなので軽く挨拶して、北橋さんと飲みに出かけた。

|

« 長沢哲 Duo Ensemble with 三浦陽子 | Main | みみのこと »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« 長沢哲 Duo Ensemble with 三浦陽子 | Main | みみのこと »